<< TOEFL iBT学習用 勉強部屋の用意 | main | TOEFL受験結果 スコアは伸びたのか? >>
TOEFL iBT対策としての決意、マインドセット

 

 最近TOEFLの勉強があまりはかどっていません。英語自体に嫌気がさしてきているのか、ここ1週間ほど、単語カードのチェックすら行っていません。次のTOEFL受験が1月半ばになることもあり、切迫感がないことがその一要因だと思います。といっても後1か月半程度、7週間と少しだ、ということを今日の勉強記録を書きながらカレンダーを見ると気づいたのでちょっとスイッチが入ってきたかも。といってもこれからそんなに勉強ができる時間ではないのですが。。。

本日は(本日も?)TOEFLの勉強をしよう、という気にはなれなかったのですが、何かしなければ、という思いはあり、リスニングのトレーニングも兼ねて(言い訳?)洋画のDVDを英語字幕で見ることにしました。本日見た映画は合計3本。一発目がアメリカン・ジゴロ。二本目が幸福の条件。3本目がピクチャー・パーフェクト。あまり記憶に残っていません・・・。

ながら映画鑑賞じゃあ字幕を眼で追うこともあまりせず、BGM代わりに英語が流れて行っただけかもしれません。日本語の場合は、今もこの記事を書きながらTVを流しており、ある程度意味を取れていますが、英語になると、集中していないと聞き取れません。TOEFLの場合は、集中して聞いていてもなかなか意味を取ることは難しいので、今回の映画はあまり意味がなかったかも・・・。

ながらDVDで何をしていたかといいますと、勝間さんと神田さんが推薦している本のリストの中から1冊、自助論を読んでいたためおろそかになってしまいました。しばらくは勝間さんと神田さんご推薦の自己啓発系の本を読んで気分を一新したい状況なのかもしれません。

明日からは自己啓発本を読みながらも、TOEFL iBT対策としての単語カードの復習を今回の土日にやっていなかったので、単語カードの復習と、新たな単語カードの作成、そして暗記を気合いを入れて行いたいと思います。また、自助論にもあったのですが、お酒は減らすのではなく、付き合いの時以外は一切飲まないようにしたいと思います。自分では、お酒を飲みながら勉強できる、と思っていたのですが、気持ちを入れ替えて、禁酒したいと思います。やると決めたら今すぐ実行、なのですが、今最後の赤ワインを飲んでいるので、このグラスが空いたら終りに(意志が弱い・・・)。TOEFLくらいさっさと終わらせたいのですけれどもね・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toeflatkaplan.jugem.jp/trackback/41
トラックバック