<< TOEFL Preparation6週目(27日目) | main | TOEFL iBT対策への英語漬けプラン >>
ETSの横暴なTOEFL iBT試験日程の変更

 TOEFL iBT受験を今週土曜日に控えていたのですが、本日会社から帰宅後、英単語カードを作成し、メールを開いてみると、こんなメールが。。。

Dear Sir/Madam,

 

We are sorry that you were not able to take your TOEFL IBT as scheduled.

 

Currently, we have scheduled an appointment for you on December the 5th at 9.00am in the following testing center:

はい?何なんですか?私は5日はその受験会場からは離れた場所にいるんですけれども!!!!TOEFL受けられないよ!!!!
TOEFL iBTのバカ高い185ドルの受験代返せ!!!と思ったりもしてしまったのですが、メールの下の方をよく読んでみると、

If you do not wish to take the TOEFL IBT at this date/time, Please go to www.ets.org/toefl  and reschedule your appointment using the on-line scheduling feature free of charge.

If you have problems rescheduling your appointment on-line, please contact Prometric at 0031 320 239 540


TOEFL iBTの受験料185ドルをもう一度支払う必要はなく、リスケジュールは無料でできるようなので、早速リスケジュールの手配を。

しかし、私の受験可能圏内での試験会場が今年はもうない(涙)。。。2009年開始のMBAにはもう間に合わない・・・。

TOEFL iBTの試験は1月18日、日曜日になりました。。。これから2か月も準備期間が延びることになってしまいました。2か月も勉強するとTOEFL英単語3800は完璧に覚えておかないといけないプレッシャーが。。。2か月やったからと言って、スピーキングが伸びるのかはやや疑問。しかし伸ばすしかない。スピーキング満点ホルダーにコツを教えてもらわなければ・・・。

本日作成の英単語カード48枚。
TOEFL iBTライティングセクションIndependent Task用1題回答作成

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toeflatkaplan.jugem.jp/trackback/38
トラックバック